返済がしやすい金利の基準とは

 銀行系カードローンを利用する前に気をつけておきたいポイントを紹介しています。金利と返済方法について着目して返済の負担が重くならないアドバイスもあるので、上手な使いこなし方が利用する前に前に解ります。

金利と返済の関係について

 消費者金融から銀行系カードローン、さらにはクレジットカードのキャッシング枠まで、さまざまな媒体からお金を借りることができるようになった今、どこを選ぶかということと、どのように利用するかが大きな差になって現れるようになったのは間違いないといえます。同じ金額を借りても、かたや一桁台の金利で済むところもあれば、かたや18%といった高い設定のところもあったりして、比較検討することがいかに大事かということがこの点からもわかります。さらに返済方法についても、利用する前に十分調べておく必要があります。
 金利の設定によって返済期間が長くなれば長くなるほど、当然支払利息の回数も増えます。それが、利息による返済負担が重くなるのと同じ意味だということは明らかです。そのため、金利を比較しつつ、返済方法についても一緒に調べるのがベターです。たいていのところが、毎月一定額を返済するリボルビング方式を採っていますが、それに加えてスポット返済も受け付けるところがよいでしょう。
 まとまったお金ができたときにポンッと返済しておけば、残りの返済回数が減ります。回数が減るということは、必然的に支払わなければならない利息も減るということだからです。キャッシングにあたっては借りやすさを考えるとともに、どのくらいの利息を払うことになるかということと、返しやすさはどうかということを併せて考えることが、上手に使いこなせるか否かということになると思われます。

page top