具体的に金利を数字で比較してみました

銀行系カードローン比較 > カードローン金利 > カードローンの金利は低い?

低金利なのは銀行系?銀行?消費者金融?

低金利はどこの金融機関なのか数字で検証

 カードローンを利用するのなら、低金利の銀行を選んだほうが良いという話をよく聞きます。一般的に低金利で審査が厳しいのが銀行というイメージがありますがそれは本当なのでしょうか。実際に比較をしてみれば、この噂が本当のことかどうかがわかります。ざっと調べてみると、消費者金融の金利が5%から18%に対し、銀行の金利は3%から17.5%でした。最低金利で比べると2%の差がありますが、最高金利で比べると0.5%の差しかありません。

 最低金利は最高限度額を借りた場合に適用されるものです。一般的に、初めて利用する方が最高限度額を設定することはほとんど不可能でしょう。最初は少額から始めて、徐々に限度額が大きくなっていくものです。そう考えると、初めて借りる時に関係があるのは最高金利になります。だとしたら、0.5%の差しかないということになります。さらに、信販系のカードローンも加えて比較をしてみると、もっとも最高金利が低いところで9.8%でした。

 大手の銀行の金利が軒並み14%前後で、高いところになると17%以上になることを考えると、銀行系カードローンのほうが低金利ということになります。金利が高い銀行の場合、消費者金融を利用したとしてもそう変わりがありません。実際の数字で比較をしてみると、イメージとは違う姿が見えてきます。カードローンを利用する時は、イメージだけで選ぶのではなく、実際の数字を見てえらぶことをおすすめします。

メニュー