銀行系カードローンの仕組みについて

銀行系カードローン比較 > カードローンおまとめ > 仕組みについて

カードローンンの仕組みについて例を挙げて紹介

銀行系カードローンの仕組みとは

 おまとめローンとは、複数契約している借金を1社にまとめてしまえるローン商品のことです。では、そこにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。メリットとしては、低金利で契約することによって返済総額を減らすことができるという点です。金利はそのまま利息に繋がりますが、各社で金利の設定には差があります。

 例題を確認してみましょう。例えば、A社から元金50万を年利18%、B社から元金100万を年利18%、C社から元金150万を年利15%借りていたとします。単純計算ですが、各社の年間利息はA社9万、B社18万、C社22万5000となり、利息総額は49万5000円で約50万円になります。これをD社で一本化した場合、元金300万円を年利10%で借りたとすると、年間利息は30万円になります。1社ずつ利息を支払うケースとの利息差額は20万円です。つまり、おまとめローンを利用すると利息負担が20万円も減るということになるわけです。

 対してデメリットは、メリットを活かすことができなかったケースです。要するに、低金利で契約できれば利息負担が減らせますが、高金利で契約してしまうと逆に利息負担が伸ばしてしまうこともあるということになるのです。また、D社の返済方法によっては、返済手数料がかかる可能性もあり、新規で金融機関のおまとめローンに申し込む場合は口座開設金もかかる場合があるので、その辺も含めて検討する必要があります。

メニュー