銀行系カードローンに欠かせない審査について

銀行系カードローン比較 > カードローンおまとめ > 審査について

審査を通るケースについて徹底解析して紹介

銀行系カードローンの審査の基準は総額?複数社だと通りにくい?

 複数の小口融資を利用している方は債務を一本化した方が複数の返済をするより返済が簡単で、そして月々の返済金を少なくすることが出来るので返済が楽になるでしょう。複数あるローンを一本化するにはおまとめローンが最適ではないでしょうか。銀行系や消費者金融のローンがあり、それぞれ特徴があります。しかし自身がローン一本化したいと思ってもおまとめローンも審査があり、条件的に厳しい場合金融機関から断られることもあるのです。

 審査についてある程度の一般的な知識を持っておくことが大切ではないでしょうか。例えば、借入先が5つの場合と2つの場合の審査はどちらが審査に通りやすいかといえば、当然2社の方ですが、それでは借入金額が前者は5つの金融機関から50万円借りている、後者は2件の金融機関から200万円借りているとしたらどちらが審査に通りやすいかといえば、それでも後者、つまり借り入れの件数は少ないが融資残高が多い、こちらの方が審査が通りやすいのです。つまり重要視されるのは借り入れ入れ先の件数が審査では重要と言うことになります。借入先が多く融資金額が少ない場合、その方の信用力があまり高くないということが言えるのです。信用力がないから大きな融資枠が作れないと判断されることになるでしょう。

 一般的に言われている融資先件数が5件ある場合審査を通らないケースが多くなると言われています。その場合はおまとめローンより自己破産など債務整理を行った方が適切かもしれません。そしてもう一つの注意点は、同時に複数の金融機関に申し込みをしないことです。融資の申し込みをした時点で、信用情報機関に登録されます。つまり、全部の金融機関がその情報を見ることが出来るのです。切羽詰まっていると判断されることだけは避けましょう。

メニュー