銀行系カードローンの審査に伴う在籍確認の気になる方法について

銀行系カードローン比較 > カードローン審査 > 審査で行われる在籍確認とは

在籍確認で勤務先にカードローンの利用がバレたらどうしよう!?

銀行系カードローンの審査による在籍確認はいたって簡単です

借金をしていることをだれにも知られたくない

 カードローンを利用してお金を借りたいと考えている人の多くは、借金していることを友人や知人、会社の人などに知られたくないという思いが強いでしょう。家族にさえ知られたくないという人もけっこう多いのが実情です。最近は個人情報保護の観点から業者側も利用者の情報を漏らさないように努力していますが、利用者としては気になる点が一つあります。それは、在籍確認です。

在籍確認とは

 在籍確認とはカードローンに申し込んできた人に対して審査の最終段階で行う本人確認手続きのことです。申し込みの際には勤務先や年収を記入する必要がありますが、これらの情報に虚偽の内容が含まれていると返済能力を的確に判断することができなくなります。そこで、業者は申し込み書に記入された勤務先の情報に誤りがないかどうかを確認するのです。この在籍確認は業者から勤務先へ電話をかけることで行われます。この際に勤務先に借金をすることがバレてしまうのではないかと心配になって申し込みを躊躇してしまう人も多いのです。

在籍確認は慎重に行われます

 会社にカードローンの在籍確認の電話がかかってくると体裁が悪いと考えてしまいますが、実際には在籍確認の電話で借金の事実がバレることはありません。その点は業者側も利用者の信用を得るために真剣に考えているのです。まず、業者からの電話では会社名を名乗ることはせず、個人名でかかってきます。また、内容についても借金に関することは一切出さずに「○○さんはご在籍ですか?」といった質問をするだけです。そこで「はい、在籍しています」という回答が得られれば、本人が電話にでる必要もないのです。

最近は在籍確認しないことも

 以前は必ず行われていた在籍確認ですが、最近はこの手続きが省略されることも多くなってきています。というのも、在籍確認は業者にとっては時間と手間のかかる手続きであり、できれば行わずにコスト削減に繋げたいからです。そのため、最近では在籍確認を行う人をはじめての利用者だけに限定したり、複数の業者から借り入れのある利用者だけに限定するといったところも増えてきています。また、アルバイトやパートの人の場合には会社ではなく本人に直接電話がかかってくることもあります。

メニュー