銀行系カードローンの審査の結果が出るのは早い?

 銀行系カードローンを申し込む前に審査について基本的な情報をまとめました。過去の借り入れ情報や、返済情況も審査の基準として滞納していないことがポイントになっているようです。

銀行系カードローンの審査はどのくらいかかるのか

 お金を借りる際に誰もが気になる審査について、銀行系カードローンの場合はどうなのか?紹介します。通常銀行のカードローンを申し込むと仮審査を受けてから、本審査を受けるという流れになるので、どうしても手続き上の問題で時間がかかってしまうものです。しかし、最近の銀行カードローンなら審査の結果が最短で10秒で分かるほど早く知ることができます。また基本的に、安定した収入がある人なら誰でも利用できますので、正社員でなくてもアルバイトやパートでも毎月決まった収入があれば申し込みが可能と言うことになります。また即日審査が可能で、借入れも終結した時間帯によっては申し込んだ当日中にお金を受け取ることが可能。
 審査の基準というのは公にされていないので、一概にどういう条件であれば大丈夫ということは断言できませんし、残念ながら同じような状況下に置かれていても、個別で財政状況や過去の金融機関やキャッシングの利用状況が異なるので審査の結果として出てしまいます。個人信用情報なども審査の結果に大きく影響しているようなので、もし過去に借り入れがあり滞納してしまった事があった場合は何らかの情報が残ってしまい審査結果に大きく響いてしまうこともあるようです。
 少しでも審査が通るようにまずは事前に年齢や収入について各社で条件が異なりますので確認が必要になりそうですね。また、独自で仮審査をネットで簡単にチェックできるサービスもありますので利用してみてください。

銀行系カードローンは審査の利点を比較して検討する

《各種カードローンの審査について比較検討する》
 銀行系カードローンのサービスは多くの融資してもらえる機関の中でも審査が迅速です。消費者金融同士でサービスレベルの比較をすると、融資の時間が30分でほぼ完了する会社と、1時間前後かかる会社があります。その差は30分前後ですから、実質的には問題になりません。融資の審査基準は、消費者金融により異なります。最初に融資を申し込んだ会社では断られても、すぐに別の会社で申し込むと審査OKが出ることが多いです。これは特定の消費者金融が審査をゆるくしているのではなく、審査するポイントが異なるためです。銀行系カードローンもキャッシングサービスを個人客に行います。
 消費者金融と比較すると、金利を低めに設定しているカードが多いです。借入金額が多かったり、返済期間を長期に設定する場合、金利が低いと総返済額に差が出るので、低金利でお金を借りられるカードローンは有利になります。キャッシング審査のスピードを銀行系カードローンと銀行のカードローンで比較すると、かなりの開きが生じます。銀行系カードローンは30分から1時間で審査の結果が分かり、OKであればすぐにお金を自分の銀行口座へ振り込んでもらう事が可能です。銀行カードローンは、審査を数日待たなければなりません。即日審査のノウハウがない大手銀行のカードローンは、即日審査には対応していないのです。銀行系カードローンは、借りるお金を振り込む口座はどこでもOKというところもあります。銀行のカードローンは自行の口座限定の振り込みとなるため、口座を開設する必要もあります。

 

《審査を受ける前に返済シミュレーションで比較》
 カードローンを比較するときは使いやすさにもこだわりましょう。金利、限度額で比べることも大切ですが、キャッシングによって使い勝手が異なるものです。金利が低いという理由で選んでも、リボルビング返済し用意していない商品もあります。リボ返済はいわゆる分割の一種ですが、毎月の返済額が少額となっており、元金が減りにくいという特徴があります。繰り上げ返済が可能であれば、お好きなときに一括で完済することが可能ですが、リボ返済のみで繰り上げができないローンもあるのです。
 比較するときは金利にばかり着目する方が多いですが、意外と大切なのが返済方法の種類なのです。使用できるATMも重要であり、業者により利用できる提携ATMが異なります。コンビニ対応しているものは利便性が高いですが、業者によって利用手数料が発生することがあります。1回につき100円+消費税8円などの手数料が発生するので、頻繁に利用する方だと大きな金額になるでしょう。借入額が少ない方だと、利息よりも手数料のほうが大きくなってしまう可能性もあるのです。金利比較をするときは、金利が一種類しかないキャッシングがおすすめです。実質年率12.0%という商品の場合は、借入額に関係なく12.0%での金利適用となるので、利息計算も簡単に行えるのです。実質年率4.5%〜17.5%の商品だと、実際に金利がわかるまで利息計算は行えません。
 また審査が終了するまで金利が決まらないことも多いので、事前に返済シミュレーションをするためには、一律金利のローンがおすすめなのです。

銀行系カードローンの気になる審査について徹底解説記事一覧

 銀行家いカードローンに限らず審査の基準は公表されていません。できるだけ審査に通る方法について、申し込む前に少しでもできることを紹介しています。銀行系カードローンの審査方法や基準の目安について審査は非常に簡単 銀行系カードローンの審査は、現在非常に簡単に行われています。カードローン会社のホームページ上にある申し込み専用ページにアクセスし、そこから必要項目を正しく記入して送信するだけですので大きな手...

 銀行系カードローンを申し込む前に用意しておくと、スムーズな書類について紹介しています。すぐに用意ができる身分証明書ですが、それ以外に必要な書類について言及しています。銀行系カードローンを申し込みに必要になってくる書類の詳細身分確認ができる書類 銀行系カードローンは、消費者の返済能力を信用して融資をする信用商品です。そのため不動産等の担保や保証人は必要ありませんが、審査を行うにあたり、身分を証明で...

 銀行系カードローンの申し込みをして、審査の段階までいくと一体どんなところを確認されるのか?借り入れる金額に対して支払い能力があるのかをどこで見抜いているのかについてポイントを絞って紹介しています。銀行系カードローンで審査を通るいくつかのポイント紹介お金を借りるためには審査に通過することが不可欠 カードローンを利用する際に多くの人が心配するのは、審査に通過できるかどうか、ではないでしょうか。これに...

 銀行系カードローンを申し込んだら、会社にバレてしまうの?できれば会社に知られずにお金を借りたいですよね。そこで在籍確認とはどういう方法でしているのか?についてまとめました。銀行系カードローンの審査による在籍確認はいたって簡単です借金をしていることをだれにも知られたくない カードローンを利用してお金を借りたいと考えている人の多くは、借金していることを友人や知人、会社の人などに知られたくないという思...

 どういった人が審査に落ちてしまうのか?現状だけでなく、信用情報として、過去の支払いや借り入れについても関係しているので、返済を一日でも遅れないように利用したいものです。銀行系カードローンの審査が通らないのには意外な理由があった意外な理由で審査に落ちてしまうこともあります 銀行系カードローンに申し込んだにも関わらず、審査で落とされてしまってお金を借りられなかったという人もいるでしょう。落とされてし...

page top