銀行系カードローンは低金利のローン?

銀行系カードローン比較 > 銀行系カードローンとは

銀行系カードローンの概要を説明

銀行系カードローンについて

 銀行系カードローンとは、融資元が銀行が扱っている使途目的が自由なローンのことです。買い物もどこにいてもインターネットできる便利な世の中なので、時と場所を選ばずに融資してもらえます。また銀行系カードローンは消費者金融よりも金利が低いので安心感があるというのが特徴のひとつとして挙げられます。

 使用目的を問われないフリーローンは、現在人気を集めています。何故なら現在法律の改正によって借入できる総額が制限される総量規制(年収の3分の1までしか借り入れができないという制度)があるので返済できないような借り入れができなくなっているからです。確かに、返済できなくなってしまったら元も子もありませんが、急にお金が必要になるシーンは多々あります。また、24時間365日そんな時役立つのが銀行系カードローンです。銀行系カードローンは総量規制の対象ではないので借入れられる金額に制限はありません。かといって審査がありますので審査の結果によっては希望の金額を借入れられるは限りませんが、一方銀行のフリーローンより審査の基準が低い傾向にありますので、より身近な存在になってきています。

 しかしながら使用目的が自由が故に借りすぎてしまわないように、自己管理が必要になりますので充分注意して借入れることをお勧めします。また、フリーローンの場合、キャッシングやカードローンと違ってまとめてお金を借りるという面で低金利であるというメリットがありますが、再度追加で借入れようととして手続きが必要になってきます。ですからまとまった金額が取り急ぎ必要の際に向いているのが銀行系カードローンといえるでしょう。

メニュー