銀行系カードローンコラムその3

銀行系カードローン比較 > 銀行系カードローンコラムその3

銀行系カードローンを比較する際のポイント紹介

 銀行系カードローンを申込み前にまずは比較をすることがポイントになります。比較する際のポイントについて、金利だけでなく借入額や返済期間についてもまとめて紹介しています。

銀行系カードローンの比較について

銀行系カードローンを利用する際の比較ポイント

 カードローンは多くの種類があるため、初めてカードを作る場合はどの会社を選択すればいいのか迷ってしまうことと思います。そこで自分の利用にもっとも相応しい会社を選択するために、まずはいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。まずは、金利と手数料についてです。改正貸金業法により、金利は最大で20%になっています。会社により、最大の20%の金利での貸し出しを行っているところもあれば、それ以下の金利で貸し出している会社も多くあります。

 借入額、返済期間により金利は変動しますが、初めての利用の場合、よほど高額でない限り上限金利での借入を行うことになります。初めて利用するという方は、その上限金利に目を向けが少しでも低い会社を選択するようにしましょう。

 そして、次に手数料です。借入、返済にかかる手数料も会社ごとに違います。決められたATMでの利用に限り手数料が無料となっている場合もありますので、自分にとって利用しやすい借入、返済方法にかかる手数料の有り無しにはよくよく目を通しておきましょう。

 そして、もう一つ。自分が必要とする額を借りられるかどうかという点についてです。消費者金融の場合、総量規制で年収の3分の1までしか借りることが出来ません。それ以上の額を借り入れしたい場合は、消費者金融系よりも審査は多少厳しくなりますが、総量規制の対象とならない銀行系のカードローンを利用することで、借入を行うことが可能となります。カードローンの会社選びはこうしたポイントを比較し、自分の利用に相応しい会社のサービスを選択するようにしましょう。

銀行系カードローンは比較サイトが便利です

 カードローンはカードを発行してお金を借りる事になるので、どうしてもキャッシュカードと混同し安易に借りてしまう人がいます。カードで引き出しや返済を繰り返し何回も行っていると、すぐに限度額に達してしまい、気がついたら返済が困難になる事もあるでしょう。返済が困難になれば、さらに新しく別の銀行から借りてしまい、多重債務に陥ってしまうことも考えられます。そうならない為にも、きちんと自分で計画を立て、計画通りに借りる事が理想です。

 また、事前にカードローン会社を比較する事も大事です。しっかりと銀行系カードローン比較サイトなどを利用して情報を掴み、各カードローンの特徴を知る事が重要です。最近は減ってきていますが、不当に高利でお金を貸す業者や、車を担保にしたり公正証書を作らせる業者も避けるべきです。基本的には、カードローンは担保を必要としませんので、担保が必須であるようなカードローンも避けた方が良いでしょう。

 カードローンの比較サイトなどでは、返済シミュレーションが利用出来るサイトや、借り入れ時の注意点やトラブルが相談出来たり、金利の計算方法が載っているサイトもあります。借り入れの仕組みや審査の方法、体験談などもしっかりと読み、自分で把握してから借金の申し込みをするが望ましいです。上手に活用する事で借り入れ時の不安もなくなりますので、安心して借りられる会社を見極めて借り入れを行い、計画的に返済することが大切です。

メニュー